群馬県高崎市は今年度実施する職員採用試験(採用予定55人)から、ボランティアやスポーツなど様々な分野で努力を重ねてきた人たちを採用する特別枠(若干名)を設ける。
 市職員課によると、県内では初めての採用方式で、物事を成し遂げる力を持っている、多様な人材を確保する狙いがあるという。受験資格は、採用時の年齢が22歳〜27歳。ボランティアや地域活動、スポーツ、文化・芸術などの分野で努力を重ね、その過程で培われた物事に挑戦する意欲や能力を市政に発揮できる人材としている。試験は、1次が書類選考(申し込み時のエントリーシートを採点)、2次が筆記(高卒程度の教養問題)と面接、3次が適性検査と面接。6月1日から試験案内を市役所などで配布するほか、市ホームページからもダウンロードできる。7月2〜6日の申込期間を経て、9月上旬に1次結果を通知、同月中に2次、3次は11月上旬に実施する。

本記事では,高崎市における職員採用の取組を紹介.
同市では,2012年度の職員採用試験より,「ボランティアや地域活動,スポーツ.文化・芸術などの分野で努力を重ねてきた者」で「その過程において培われた物事に挑戦する意欲や能力を市政に発揮できる人材」を対象とした「特別選抜採用」*1を開始.自治体,そして,その職員にとっての「能力(merit)」とは多義的なものと考えさせられる同記事.
同選抜枠による「採用予定人数」は「若干名」.具体的には,「Ⅰ種(大学卒程度)」の採用枠である「一般事務」の「29人」,「建築」の「3人」,「土木」の「2人」,「電気」の「1人」,「機械」の「1人」に含まれることが想定されている(「一般事務」以外の場合も採用も行われるのだろうか).本記事でも紹介されているように,選考試験は3次にわたり実施.「前例踏襲にとらわれない」*2職員となるためには,採用段階でも「前例踏襲にとらわれ」ることなく,多義的な「能力(merit)」定義を幅広く捉えることも一つの方策か.より詳細な,「試験案内」は2012年6月1日に公表とも紹介されており,同案内及び実際の応募状況は,要経過観察.

*1:高崎市HP(担当部署一覧職員課高崎市職員採用試験)「平成24年度高崎市職員採用試験日程

*2:稲継裕昭『現場直言! プロ公務員変革力』(学陽書房,2011年)213頁

現場直言!プロ公務員の変革力―成功をもたらす7つの力

現場直言!プロ公務員の変革力―成功をもたらす7つの力