東京圏人口、初の減少 日本人、13年連続マイナス―総務省(時事通信2022年8月9日)

 総務省が9日公表した住民基本台帳に基づく2022年1月1日現在の日本人の総人口は、前年比61万9140人(0.50%)減の1億2322万3561人と、13年連続で減少した。減少幅は過去最大。これまで増加を続けてきた東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川4都県)の日本人は、出生者数の減少などが響き同3万4498人(0.10%)減の3561万115人となり、1975年の調査開始以来初めて減少に転じた。

 外国人住民も同10万7202人(3.81%)減の270万4341人となり、2年連続で減少。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、海外からの入国者が減ったためとみられる。
 21年の日本人出生者数は81万2036人と、6年連続で過去最少を更新。死亡者数が出生者数を上回る「自然減」は62万9703人に拡大した。

本記事では、総務省における住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数の公表を紹介。

総務省によると「2022年」「1月1日現在の住民基本台帳人口」が「1億2,592万7,902人」となり、前年度から「72万6,342人」減少し、これは2009年を「13年連続で減少」*1となる。「自然増減数」は「62万9,703人」の減少となり、「自然減少数」が「14年連続で拡大」*2となる。

「人口の質への理解」*3を踏まえた、今後の推移は要観察。